心の悲鳴に耳を傾けよう|うつ病かもしれないと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴とポイント

病院

病気の特徴

うつ病は、患者によって個体差があるにしろ、定期的な通院と的確な服薬によって完治する疾病です。患者によっては、数年間闘病するケースもあれば、数ヶ月の通院と服薬により完治するケースもあり、患者のうつ病がどれくらい重篤かによって、医師の処方も変わってきます。うつ病の患者によく見られる典型的な症状は、ものごとを悲観的に考えてしまうことです。周りの目や声が必要以上に気になったり、自分の将来が不安になったりすることも、典型的な症状です。しかし、それらの病状も、医師の診断をしっかり守っていれば完治する可能性も高いです。そのため将来も見据えて、うつ病と付き合っていく必要があると思います。また、うつ病は、周りの人間の理解がとくに必要な病気です。患者は、気分の浮き沈みが激しいのが特徴ですので、不用意な一言で患者さんをドン底に落としてしまうこともあります。したがって、発言には気を付けることが大事になります。口にした言葉が、まったく発言者自身では気になっていないような発言でも、沈んでいる周期の患者さんには、重く聞こえてしまうこともあります。そのため、御自身の周りに患者さんがいらっしゃる場合などは、患者さんへの発言を常に注意しましょう。

治療のポイント

うつ病の患者さん御自身にとってもそうですし、ご家族やご友人にとっても、たいへんコントロールしにくい、扱いにくい難しい疾病であります。これは精神疾病全般に言えることですが、全員が前を向いていることで、患者さんが快方に向かいやすいという特徴がある病気なのです。そのためご家族はもちろん、友人や、可能な限り、会社の同僚の方々にも言える範囲で理解してもらうのも、一案です。とくに会社での業務内容によっては、うつ病の症状を悪化させてしまう可能性も充分考えられます。そのため、あまり負担になるような、ストレスを感じさせる地位や任務からは外してもらうのもポイントです。また、服薬する錠剤やカプセルによっては、眠くなりやすく、めまいを引き起こすなどの副作用が現れることもあります。したがって、そういった意味でも会社で患者さん御自身にかかわる人間には、やはり言える範囲で伝えておく必要があるでしょう。以上のように、うつ病という精神疾病は、クリニックに定期的に通院し、医師の診断を受け、服薬を医師のストップがあるまで、忘れずに続けることが大切です。それによって、ゆっくり時間をかけてではありますが、必ず快方に向かっていく疾病です。周りの理解を得ながら、患者さん御自身のペースで病気と付き合っていく必要があります。

うつと向き合う

レディ

うつ病は、何かに対してあるいは何に対しても意欲がわかない、気分がすぐれないといった状態が続き、生活に支障を生じる程度にまで進んでしまう精神疾患です。原因は患者ごとにさまざまであるため、まずは医師の診断を仰ぎ、根本要因を探ることから治療が始まります。

More Detail

症状は個々によって違う

看護師

うつ病は、ストレスなどのより脳が機能障害を起こしてしまう、現代病です。気分が落ち込み何もできなくなってしまいます。また似たような病気で双極性障害や統合失調症・認知症などがありますので、それぞれの症状をよく理解してから医療機関を受診することが大事です。

More Detail

解決していく手段

カウンセリング

うつ病は自分が変わるか環境が変わるかによって緩和されることがあります。自己判断が難しくなりますから専門家の力を借りてうつから抜け出しましょう。カウンセリングや薬を使った治療を行うことで症状が改善していきます。

More Detail

治療中は情報収集がカギ

メンズ

うつ病療養中の方のブログは、患者目線で経過や副作用について述べられており、有益な情報が詰まっています。治療のヒントが得られるとして、近頃注目されている情報源です。うつ病の薬は、精神的な影響も懸念されます。このような点にも目を配れる専門医を見つけることが、回復に役立つアプローチです。

More Detail