症状は個々によって違う|心の悲鳴に耳を傾けよう|うつ病かもしれないと思ったら

心の悲鳴に耳を傾けよう|うつ病かもしれないと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

症状は個々によって違う

看護師

症状別に治療が異なる

うつ病とは、今の現代社会だれでもなる可能性のある病気です。主な原因は、精神的ストレスや肉体的ストレスが蓄積して起こると考えられています。また原因はそれだけではなく、様々な理由で脳が機能障害を起こしてしまうため、自分は何をやっても駄目だ、と思い込んだり非常に体が疲れているのに夜眠れないし、早く起きてしまうなどの症状が出てくるのは、そのためなのです。そして最近では増加傾向にあり、うつ病と認識する人も多くなっています。うつ病のタイプには、軽いものから大うつ病と言われる明確な診断がつくタイプまで様々な症状があり一人ひとり治療方法が違ってきますので、うつ病ではないかと感じたら、まず早めに医療機関を受診することです。症状の軽い状態であれば治療もしやすく、少し休養することですぐに回復が望めます。薬物療法が基本的ですが、周囲の職場環境などが影響している場合は職場の理解と協力が効果的ですし、病気や薬によりうつ病になってしまう事も時折あります。そんな時はすぐに主治医の先生に相談して薬や治療方法を変えてもらうだけで、症状が改善されることがあります。もし気になる症状が少しでもあれば、かかりつけのお医者様に相談してみるのが早期発見の近道ですですし、専門の医療機関を紹介してくれることもあります。

類似した病気に注意しよう

うつ病症状によく似た病気に、双極性障害や統合失調症・認知症などがあげられます。それぞれはっきりした特徴があり、うつ病は気分が落ち込み何をしても楽しくないし、夜も眠れないといった症状があります。対象的に双極性障害はハイテンションでやる気満々自分はものすごい能力がありできないことはないと思い込んでしまうような感じの病気です。また夜眠らなくても活動し続けるのが大きな特徴です。そのため自覚症状がまったくなく症状が悪化してしまう事がありますので、周囲の人や家族ができるだけ早く気づいてあげる事が大切です。統合失調症は、人間関係に大きく影響する病気です。うつ病と似ているのですが、やる気がまったくなくなる、幻覚や妄想が激しく勝手に独り言を言ったり、だれか自分の噂話をしているのではないかなどと思い込んでしまうといった症状がありますし、周囲から孤立した感じがしますので直ぐにわかるはずです。最後に認知症ですが、やはりうつ病と判別しにくい部分が多かれ少なかれあります。基本的には、うつ病と同じように、脳が機能障害を起こすことで発症することがあります。最初は物忘れがひどいくらいですが症状が進むにつれて、話が通じない事や、被害妄想や出かけても家に帰れないなど典型的な症状です。うつ病かなと思って専門の医療機関を受診する場合や家族を受診させるときには、以上のような症状をよく理解してから医療機関に行くことが大事です。単純にうつ病の治療だけでは症状が良くなるどころか悪化してしまう事がありますので十分注意することが必要なのです。